あいぎ【間着】

表着と下着の間に着るきもののことで現在では内掛けと共に花嫁衣装として用いられ、掛け下と呼ばれています。

あげ【揚げ】

子供の着物を長めに仕立てておき、実際の寸法に合わせて背丈や裄丈を調整する摘み縫いの部分のこと。肩の部分の揚げを肩揚げ、腰の部分の揚げを腰揚げという。

あせよけ【汗除け】

夏の着物の専用の肌着でさらし木綿やタオル地で作られた胴まわりだけの肌着で汗取りともいわれる。

あとぞめ【後染め】

白生地の織り上がりの布に後から染め加工することをいう。

あまこーと【雨コート】

和装用の雨の日専用の長いコートで、防水加工がされているもののこと。

あらいばり【洗い張り】

きものを解いてから洗濯する方法のこと。

あわせ【袷】

きものに裏をつけて縫い合わせる、裏に胴裏と裾まわしをつけるものをいう。

あんさんぶる【アンサンブル】

羽織と着物とを同じ柄や布地で仕立てるものをいう。

あんどんばかま【行灯袴】

マチのない袴で筒型の形が行灯に似ている。

いろとめそで【色留袖】

留袖で黒地以外のものをいう。




このサイトについて

浴衣・きもの用語集はゆかたや着物など和装に関するWEB辞典です。
日本文化により親しむために知っておきたい用語を集めましたので、ぜひお役立て下さい。

広告